上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト スポンサー広告
次期ダイムラークライスラー社長、今後の利益目標を確認 記事 2005年09月17日[08:45]
まあ、前政権の政策では回復は困難が予想される。
今の組織体系や開発の現場の改善をほんまにやってるかどうか出る製品見てから判断したい。


■以下記事
[フランクフルト 12日 ロイター] 自動車大手ダイムラークライスラー のツェッチェ次期社長は、新たなトップとして就任したメルセデス部門の主要目標を確認し、利益率の改善を目指すのが自らの仕事だと述べた。

 同氏はフランクフルト国際自動車ショーで記者団に対し、先月退任したメルセデス部門の前トップが掲げていた、2007年までに営業利益率を7%にするという目標はいまだに有効だと語り、「この7%という目標は引き上げられた。私はその達成にコミットしている」と述べた。 
 同氏は年末にグループ全体の社長兼最高経営責任者(CEO)に就任する予定だが、メルセデス部門の責任者も続けるとみられている。

 メルセデス・カーグループのブランドには、メルセデス・ベンツ、小型車スマートおよび高級車マイバッハがある。

 同氏は、高級車メルセデス・ベンツSクラスの新モデルを発表後、メルセデスの高級イメージを損なった品質問題は最悪期を脱したと指摘し、自らの仕事は現在の改善が続くよう努力することだと述べた。

 また、同社は増収率を加速させるのに必要な商品を持っているとし、販売台数を増加させるという今年の目標を繰り返した。
   
(ロイター) - 9月13日11時13分更新


banner.png

↑投稿意欲ランキング



スポンサーサイト
独BMW、06年に価格低下圧力が増すとは予想せず=CEO◇ ◇トヨタ社長「ハイブリッドとガソリンの価格差、早期に半減」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。