上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト スポンサー広告
記事~総合編 記事 2005年08月19日[17:47]
なんかバタバタしております。
熱い中企業で精勤させている方々お疲れ様です。

先日ネットで生計を立てている知人と会いましたが、これが結構ズレている。
どうズレているかと言えば考え方自体である。

いくらサラリーを貰っている人間よりも沢山稼いで時間が有り余っているみたいであるが、「毎日が休日なんだ。」と、その自己中(陶酔)ぶりは「ああ、もうコイツ世間には戻れないなぁ。」と切なくなる次第のBLです。

こうゆう国利国益を重視しない人間はほっておきましょう。
ついでに、美しい人でも見てお楽しみを。目の保養をしてもらい粛々と業務に勤しんでください。


0728_10.jpg
ほんまええ女やな。
国益を左右する最前線の優秀なビジネスマンの奮闘の記事をご覧あれ。

■以下記事
■日産、中国で「NISSAN」商標認定・早急に法的対応も
■マツダ、水素ロータリーのミニバン開発へ 車種拡大で事業加速
■WSJ-グッドイヤー、株価は「もう」か「まだ」か?
■GM、北米の販売店舗数を半減・5系列に絞り込み
■クライスラーに変速機供給=日産子会社のジヤトコ
■独BMWがインド進出 25億円投じ南東部に組立工場
■ホンダやトヨタグループ、インドネシアで小型車増産
■レクサス包囲、輸入車も攻勢 右ハンドル仕様/販売店改装相次ぐ
■パイオラックス、トヨタ向け納入拡大―07年度86%増へ
■メタルアート、トヨタの発注増で大型設備投資―3年で50億円
■【中国】長安汽車:上海VWに追随か、最大で3000元値下げ



■日産、中国で「NISSAN」商標認定・早急に法的対応も

 日産自動車は中国で「NISSAN」ブランドの著名商標認定を受けた。認定により中国国内では、他業者が自動車以外の商品であっても「NISSAN」の文字を使えば違法となる。日系自動車メーカーとしては初の認定。商標侵害があった場合に逐一実施していた証拠集めなどが不要となり、早急な法的対応が可能となるという。

 日本の特許庁に相当する国家工商行政管理総局商標局が認定した。自動車メーカーでは、伊フェラーリと英ジャガーが認定を取得済み。日産は2001年に申し立てしていた。漢字表記の「日産」についても、認定を受けたいとしている。

 中国は03年に商法を改正し、外国企業にも著名商標を認めた。日産は「ブルーバード」など個別の商品については個々に商標認定を受けている。
[8月18日/日本経済新聞 朝刊]

■マツダ、水素ロータリーのミニバン開発へ 車種拡大で事業加速
FujiSankei Business i. 2005/8/17
 
 ◆高い実用性

 マツダは、水素を燃料に使うロータリーエンジン(水素RE)の実用化にめどをつけ、水素REを搭載したミニバンの開発に乗り出す。同社は水素REを搭載したスポーツカー「RX-8」を来年、リース販売することを決めており、水素タンクを搭載しても荷室を確保できる実用的なミニバンも商品化することで、水素RE車の事業展開を加速させる。

 世界の自動車メーカーは、水素を燃料に発電して電気モーターで走行する燃料電池車の開発にしのぎを削っているが、一般の乗用車での普及は、水素供給インフラが整備される二〇二〇年以降とみられている。

 こうした中で、マツダが実用化する水素REは、水素をエンジン内で直接燃焼させて走行でき、地球温暖化の原因である二酸化炭素(CO2)排出量はゼロで、大気汚染物質の窒素酸化物(NOx)もほとんど排出しない。また、水素供給インフラのないところでは、スイッチ操作で燃料をガソリンに切り替えて走行できることから、燃料電池車よりも実用性が高い。

 ◆低い製造コスト

 さらに、既存のロータリーエンジンを改造した構造で、現行の生産設備を活用できるため、製造コストは燃料電池車と比べて格段に低いという。

 マツダはこれまで、ロータリーエンジンを搭載している「RX-8」をベースに、トランクルームに水素タンクを設置した水素RE車の商品化を進めてきた。

 当面は、燃料電池車と同様に官公庁やエネルギー関連企業向けのリース販売が中心になると予想されるが、「四人乗りスポーツカーでは官公庁などとリース契約を結びにくい」(マツダ幹部)ことから、ミニバンに水素RE車を設定することにした。

 水素を直接燃焼させる水素エンジン車は、米フォード・モーターや、米ゼネラル・モーターズ(GM)、独BMWなども研究を進めている。これらの企業は、通常のガソリンエンジンをベースにしているため、排気弁の熱で水素が燃焼してしまう異常燃焼(バックファイアー現象)を防ぐ装置が必要で、排気量五〇〇〇cc以上の大型のエンジンが開発の中心となっている。

 マツダの水素RE車は、振動が少なく、音が静かで高出力というロータリーの利点に、水素とガソリンを使えるという新たな特徴が加わることから、低公害車の新たなトレンドとなりそうだ。

200508170006a1.jpg
水素REを搭載した「RX-8」は来年中にリース販売を開始する。
水素RE搭載のミニバンも開発し、事業に弾みをつける

■WSJ-グッドイヤー、株価は「もう」か「まだ」か?

ニューヨーク(ウォール・ストリート・ジャーナル)米タイヤメーカー最大手グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバー(NYSE:GT)は、驚異的なカムバックを果たした。
問題は、投資家が同社株で利益を上げるには、少なくとも短期的に、遅すぎるかどうかだ。

同社は、創立107年となる業界の象徴的存在であるが、ほんの2-3年前に破産申請の瀬戸際にあった。
それが、今回の決算で5四半期連続の最終黒字を達成した。タイヤの価格を高額に設定して、それを顧客に受け入れさせるマーケティング手法が功を奏したからだ。
同社は今月初め、この勢いを後押しするために、9月から米国でのタイヤ価格をさらに一律8%も値上げする方針を明らかにした。

他のタイヤメーカーと同様、原油価格の上昇で、グッドイヤーもエネルギーと原料のコスト高騰による痛手を受けている。
しかし、同社はコスト高を製品価格の値上げでおおむね吸収している。

一部のアナリストによれば、順調な業績を反映して同社の株価はすでに過熱しているという。
グッドイヤー・タイヤの株価は、ニューヨーク証券取引所で昨日の終値が17.51ドルとなり、7月初めから17%高以上となっている。

ヒマンシュ・パテル氏(JPモルガン・チェースのアナリスト)は、8月5日付けの投資家向け報告書の中で、同社の第2四半期決算が好調だったにもかかわらず、グッドイヤーの投資格付けを「ニュートラル」に据え置くとして、「同社の株価がすでに上昇したため」としている。
JPモルガンは、グッドイヤー株の1%未満を保有しており、同社に対して投資銀行業務を行っている。

クレイグ・ハリス氏(モルガン・アセット・マネジメントのシニア・ポートフォリオ・マネジャー)は、「グッドイヤーでは楽に儲けすぎた」と同意する。
彼によれば、顧客はグッドイヤー・ブランドのタイヤにこれ以上の値段を支払うことに抵抗があるだろうとして、「グッドイヤー株はこれ以上買わない」という。
モルガン・アセットは3月31日の時点でグッドイヤー株169,775株を保有していた。

しかし、グッドイヤーは、僅か2-3年前には延々と赤字決算を続けていたが、その後しっかりと立ち直って、利益を上げ、苦境時にぎくしゃくしていたタイヤ・ディーラーとの関係を修復した。

同社はまた、ウォール街における評判も取り戻そうとしている。
同社の経営幹部が来月ニューヨークを訪問し、ほぼ2年ぶりに投資家との大規模な集会を予定している。

一部の投資家は、グッドイヤーを次のクライスラーと見なしている。
クライスラーは、経営破綻の淵からよみがえって、長期黒字経営を回復しようとしている尊敬すべき名門企業である。

グッドイヤーの業績回復は、過去1年間にみられたコモディティー・ブームに部分的には依存している。
同社は、商業用タイヤと鉱業用機器に使われるようなオフロードタイヤの主要メーカーであり、供給が不足していることから高価格が続いている。
米国ではハイウエーで原材料や完成品を輸送するためにトラック運送事業がブームとなった。
同社はまた、工業用化学品の市場価格高騰からも利益を享受している。

グッドイヤーは、時価総額がおよそ30億ドルとなっているが、最も喫緊の課題についても解決に向け歩を進めている。
たとえば、54億ドルの債務のかなりの部分について、期限を延ばすことに成功した。
また、同社は、コンベアベルトや自動車部品など工業用ゴム製品の製造部門の売却を近く発表するものとみられているが、この売却額が10億ドルに達するとみられており、これを年金債務の一部に充当することも可能となる。

サウル・ルドウィグ氏(マクドナルド・インベストメントのアナリスト)は、同社の株価上昇は続くとみており、投資格付けを先月「ホールド」から「バイ」に引き上げ、12ヶ月目標株価を22ドルとした。
マクドナルドは同社株1%未満を保有しており、投資銀行業務を行っている。

(8月16日付Heard On The Streetより)
(ダウ・ジョーンズ) - 8月16日16時11分更新

■GM、北米の販売店舗数を半減・5系列に絞り込み

以下日経

 【ニューヨーク=田中昭彦】米ゼネラル・モーターズ(GM)は年内に全米ディーラーの販売店数を2003年末の半分にあたる7000店に集約する。8系列あるブランド別の販売系列も実質5系列に絞り込み、販売コストを削減する。不振に陥っている米市場での販売体制を効率化し、経営再建を急ぐ。

 北米販売担当のマーク・ルネーブ副社長が15日、日本経済新聞記者に明らかにした。全米の販売店数は03年末時点で1万4000店だったが、05年末に7000店、10年末に6500店に減らす。ただ「7000店のうち2000店がGMの新車販売の80%を占めるため、店舗半減でも販売台数に影響はない」(ルネーブ副社長)とみている。 (07:00)

■クライスラーに変速機供給=日産子会社のジヤトコ

*日産自動車 <7201> の子会社で、自動車変速機メーカーのジヤトコ(静岡県富士市)は17日、独ダイムラークライスラー <7663> に無段変速機(CVT)を供給すると発表した。同社が親会社の日産や主要株主の三菱自動車以外にCVTを供給するのは初めて。メキシコ拠点で10月末をめどに生産を始める。搭載車種はクライスラーの新型スポーツ用多目的車「ダッジ キャリバー」となる見通し。 
(時事通信) - 8月18日6時3分更新

■独BMWがインド進出 25億円投じ南東部に組立工場
2005/8/17  FujiSankei Business i.

 インド政府は、独BMWの同社初の組立工場建設計画を承認したと発表した。初期投資額は10億ルピー(約25億円)。生産規模などについては明らかにしていない。

 工場はインド南東部のタミルナド州内に建設される。生産に必要な部品は海外から輸入するとしている。同社はすでに、インド市場で製品を販売しているが、すべて海外工場で生産した輸入車。タミルナド州には韓国の現代自動車のほか、米フォード・モーターズ、インドのアショク・レイランドなど世界各国の自動車メーカーが工場を持つ。

 インドの自動車市場は年率20%程度の拡大を続けており、今年の市場規模は「140万台規模に拡大する」(日本自動車工業会)とみられている。さらに2010年までには、200万台規模に達し、アジアでも中国に次ぐ有望市場に成長するとみられている。

 乗用車市場では日本のスズキの子会社、マルチ・ウドヨグが4割程度のシェアを握り、韓国の現代自動車、インドのタタ・モーターズと続く。欧米でも米フォードが工場を所有しているほか、今年3月には仏ルノーも合弁会社設立を発表していた。

■ホンダやトヨタグループ、インドネシアで小型車増産

 【ジャカルタ=代慶達也】トヨタ自動車グループやホンダはインドネシアで小型車の増産に踏み切る。東南アジアでの売れ筋は多人数乗用のミニバンが主体だったが、中間層の拡大で小型車ブームが起きている。インドネシアでガソリン供給不足に陥るなど東南アジアでも原油高騰の影響が出ており、低燃費の小型車需要を押し上げている。

 トヨタ自動車と子会社のダイハツ工業は排気量1000―1300ccの共同開発車「アバンサ」、「セニア」の生産台数を2005年中に7万7100台、06年には8万4000台に増やす。インドネシアや輸出先のマレーシアやタイなどでも販売が急増している。

[8月16日/日本経済新聞 朝刊]

■レクサス包囲、輸入車も攻勢 右ハンドル仕様/販売店改装相次ぐ

 トヨタ自動車が今月三十日に高級ブランド「レクサス」の国内販売を開始するのを前に、輸入車市場が過熱している。プジョーやボルボはライバルとなる新型車を相次いで投入。ダイムラー・クライスラーはクライスラー・ブランドの最上級車に初めて右ハンドル車を設定する。レクサスが輸入車の脅威となる可能性が指摘されているためで、販売店の改装にも相次いで乗り出すなど各社は“レクサス包囲網”を築いている。(比嘉一隆)

 プジョー・ジャポンは、八年六カ月ぶりとなる新型車「407シリーズ」に右ハンドル仕様を設定した。市場調査でニーズの高かったカーナビゲーションも標準装備するなど、「競争の激化が予想される日本の高級車市場」(同社)を意識したモデルという。

 ダイムラー・クライスラー日本は今月十三日、クライスラーの最上級モデル「クライスラー300」シリーズの改良車を投入した。今秋には、右ハンドル車を展開する計画。一九五五年に登場したロングセラー車だが、右ハンドル車は五十年の歴史で初めてだ。

 このほか、アウディジャパンは高級コンパクトカー「A3」の改良車を、ボルボ・カーズ・ジャパンは「XC90シリーズ」の最高級モデルをそれぞれ投入した。

 販売店の改装やブランド力の強化にも、各社は力を入れている。

 BMWは今月五日から一万人を対象にした「3シリーズ」の試乗モニターの募集を開始。全国百八十六の販売店のほとんどに五十インチの大型スクリーンを使った情報端末を配備し、店頭に展示していない車の情報を表示したり、販売員と本社の担当者が情報交換できたりするようにして顧客対応の迅速化も図る。

 フォルクスワーゲングループジャパンも二百四十六の販売店の改装を進め、これまでに約五十店舗で完了した。自然光の下で車が見られるよう店舗の窓を大きくとり、放射状に車を並べるなど工夫を凝らしている。

 ダイムラー・クライスラー日本は、ベンツ車の取扱店舗の名称を「メルセデス・ベンツ」ブランドに統一する作業を今年一月から実施。二百二十四の店舗のうち三分の一で終えた。同時に店舗の改装も行い、入りやすいイメージを作り出すため、オレンジやブルーなど軽やかな色彩を内装に施している。

 輸入車市場は平成十年以降、二十七万台前後で推移し、市場そのものは伸び悩み気味。そうした中で四百万円を超える価格帯の高級車のシェアは広がる傾向にある。

 レクサスは、トヨタが一九八九年から米国で展開している高級車ブランド。同社は今月三十日から百四十を超える専売店をオープンするとともに三車種を発売し、ベンツやBMWなどの輸入車が強い高級車市場で月間三千台の販売を目指す。ただ、レクサス脅威論に対しては「レクサスに興味を持った人は輸入車店にも足を向けるはず。むしろ新しい顧客獲得のチャンスが生まれる」(輸入車販売会社幹部)との声もあり、輸入車側も高級車市場の活性化に期待感を強めている。

(産経新聞) - 8月18日3時9分更新

■パイオラックス、トヨタ向け納入拡大―07年度86%増へ

産業ニュース - 8月17日(水)8時29分

 パイオラックスは07年度(08年3月期)をめどに、トヨタ自動車向けの売上高を04年度実績の14億円から86%増となる26億円に拡大する。トヨタへの直接納入に加え、トヨタ系の一次部品メーカーなどにエアダンパーや樹脂ファスナーなど主力の樹脂部品の売り込みを強める。

 パイオラックスの主力納入先は日産自動車。04年度の日産グループ向けの売上高は218億円だった。トヨタグループ向けは約14億円で納入先別シェアでは日産、ホンダに次ぐ3番目。

 トヨタには98年に燃料系樹脂部品の直接納入を始めた。現在は部品メーカー経由も含め、樹脂ファスナーをはじめ、グローブボックスやコンソールボックスの開閉部分に使うエアダンパーなどを納入している。世界生産を拡大するトヨタに合わせて日本、北米、中国、欧州などグローバルでのアプローチを強め受注拡大を目指している。

■メタルアート、トヨタの発注増で大型設備投資―3年で50億円

産業ニュース - 8月17日(水)8時29分

 メタルアートは10年ぶりとなるプレス機の導入など、大型設備投資を実施する。05年度からの3年間で約50億円を投入する。プレス機導入で生産能力を増強、さらにライン集約による生産効率アップなどを進める。主力の自動車産業の好調が当面続くと判断し、高水準の受注に備える。

 プレス機は滋賀県草津市の本社工場に導入する。05年中にに加圧力1600トン機を、06年には同2000トン機、07年には同3800トン機をそれぞれ導入する。現在は同3500トン機と同2000トン機の2台が稼働している。新プレス機の導入により、現行のプレス機のリプレースとともに加工能力増強につなげるのが狙い。具体的な生産能力は明らかにしてないが、数割は増加すると見られる。

 また本社工場へのプレス機導入を機に、05年中に冷間精密鍛造ラインを本社工場から馬場工場(同草津市)にシフトする。

■【中国】長安汽車:上海VWに追随か、最大で3000元値下げ

 上海VWが値下げを敢行したのに続き、長安汽車は同社の7割を占めるFシリーズ製品の値下げに踏み切った。同社は値下げの目的を市場シェアを高めるためとしているが、関係者からは業界全体の動きと何らかの関係があるのではないかとの声があがっている。16日付で重慶商報が伝えた。

 長安汽車重慶販売センターによると、値下げ全額は最大で3000元(約4万600円)、値下げ幅は10%近くで、長安汽車としては過去最大になっている。この価格は、10日から適用されている。

 長安汽車が値下げを発表したのが、上海VWの値下げ宣言から2日後だったことから、市場では「値下げの波に追随した」との見方もあるが、長安汽車は「車種が異なる。従って追随ではない。(同一車種における)シェア拡大が主な目的だ」と、これを否定。業界では、今年上半期(1-6月)、中国全土の自動車販売台数が安定していたことから、メーカーは値下げにより、残り4カ月でラストスパートをかけ、通年の販売目標を実現させようとしているとみられている。

 長安汽車のライバルである上海通用五菱、哈飛などは、「(長安汽車の値下げ宣言に)関心を寄せているが、我々は値下げは行わない」と冷静な反応を示している。アナリストは、「今年はスモールカーの競争が激化している。長安汽車が大幅な値下げを行ったことは、他社を刺激するだろう。だが、他社が長安汽車に追随して値下げに踏み切るかどうかは、もうしばらく注目する必要がある」といった見解を示している。(編集担当:田村まどか)
(サーチナ・中国情報局) - 8月17日13時19分更新


banner.png

↑投稿意欲ランキング



スポンサーサイト
記事~総合編◇ ◇記事~総合編

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。