上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト スポンサー広告
記事考察~ホンダ 国内販売テコ入れ 新車、中古車各100店増強 記事 2005年07月02日[23:02]
 いよいよ数に打ってきたか。
 時代に合ったイキのイイ商品企画が持ち味の同社がローラー作戦に出た事は事実上
戦略無き製品開発を如実にあらわしている。

もうネタがありません」と。

 同社はもう海外市場だけが頼りである。
福井氏の技研時代からのヒット車種はもはや「フィット」しか無く

以下参照
■エデックス・・・・ フィアット・ムルティプラ
■エリシオン・・・・ アルファードエルグランド
■エアウェーブ・・・ プジョー307SW

 後追いと商品企画のパクリである。
 勝負をかけると言われている車種がステップワゴンとは。
やはり新車開発経験の無い2輪と生産出身者は商品企画の発想は皆無に等しい。
てか、待っていたが本当にまったく無いようだ。

 川本氏の時代の過去の遺産(一連のRV車)で勝負をかけている同社、願わくば川本氏や久米氏のようなエンジン屋(生粋の技術屋)の時代の本来の企業の姿に戻って欲しいものである。

 大企業病にかかった同社の行く末が心配である。
 
 まあ、見た目の売上高は上がっているそうだが内実は苦しいのではないのか。よう知らんけど。


以下記事~■ホンダ 国内販売テコ入れ 新車、中古車各100店増強

20050624-00000012-maip-bus_all-thum-000.jpg

国内販売てこ入れのかぎを握る
新型ステップワゴンをPRする
福井威夫社長=東京都内で5月


ホンダが国内販売体制の強化を本格化させている。02年に国内販売台数が90万台に達し、「100万台を目指す」と宣言したが、その後は他社のミニバン攻勢に遭い、低迷。04年は約74万台にとどまった。そこで、新車、中古車の販売網を拡大するほか、販売店に社員を出向させて陣頭指揮を執らせるなど、あの手この手でテコ入れを図る。
 同社の国内販売は、02年に小型車「フィット」が年間販売25万台のヒット商品になり、過去最高の約90万台を記録。軽自動車を除く乗用車の市場シェアは、前年比1.5ポイント増の15.5%に達した。しかし、その効果がはげ落ちた03、04年は73万~74万台止まり。04年のシェアは、トヨタ自動車が02年比2ポイント増の44.4%、日産自動車も同0.2ポイント増の18.8%としたのに対し、ホンダは同3.4ポイント減の12.1%に落ち込んだ。

 05年は77万台を目指すが、収益安定のためには「できるだけ早く80万台に戻したい」(ホンダ幹部)というのが本音だ。
 その反転攻勢の切り込み役を担うのが、5月27日に全面改良して発売したミニバン「ステップワゴン」。96年の発売以来、累計で76万台以上が売れた主力車だ。

 発売2週間前からテレビコマーシャルを流して、期待感をあおり、発売後はJRの車体広告や新聞広告など宣伝を集中。1車種としては異例の3種類のコマーシャルをつくり、業界では「ホンダが勝負をかけてきた」と注目された。その効果か、発売10日間で、月間目標の8000台を上回る1万台を受注した。

 販売拠点の強化にも着手する。ホンダの販売店は全国2420店で、トヨタの約5000、日産の約2600より少ない。このため、東京、大阪、愛知の大都市圏を中心に、今後3年間で約100店を増やす。また、「中古車の下取り価格を安定させることが買い替えにつながる」として、中古車専門店「オートテラス」を3年間で100店増やし340店体制にする。

 また、営業マンや販売会社の育成にも乗り出す。地方では二輪車販売店から始めた中小の販売会社が多く、販売力が弱い店があるため、約120人のホンダ社員を販売会社に営業部長級で出向させ、陣頭指揮を執らせる。7月には研修専門の子会社を設立し、販売会社OBなどを講師に招いて、販売会社の営業マン育成を図る。【工藤昭久】 

(毎日新聞) - 6月24日9時37分更新


banner.png

↑投稿意欲ランキング




スポンサーサイト
記事~国内市場気になった案件について◇ ◇記事~総合編

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。