上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト スポンサー広告
雑記~「これだけ分かれば大丈夫!! 信用取引自由自在」 記事 2005年08月27日[14:09]
記事情報元~兜町ネット
http://www.kabutocho.co.jp/sinyou/bak/050325.html
■第44回 信用取引で失敗しないために

 最終回は、“信用取引適性度チェック
(あるいは負け組度チェック)”といってみましょう。
以下の各設問について、

「その通りだと思う」     (0点)
「どちらかと言えば、そう思う」(1点)
「そうは思わない」      (2点)

を選択して下さい。
最後に点数を合計して適性を占うという、ありがちなパターンです。

らしい。やってみた。

BLは38点らしい。
皆さんもやってみては。


◆全文を読む・・

スポンサーサイト
記事~総合編 記事 2005年08月26日[12:55]

暑い日が続きダルさ全壊?(壊れかけてるの意)のBLでございます。
最近お腹の調子が宜しくありません。
食べた物が直通特急状態(お食事中の方失礼)ですし、
なかなか業務に身が入りません。(いつもの事ですが)

皆様お体お気をつけ下さい。
そんなショボイ話はどうでもいい。

今回は片瀬那奈さんでございます。
お美しい。私も海辺でこんな美人と水遊びをしたいもんです。
まあ、皆さんも一時の夢をご想像下さい。


1108121347.jpg
水遊び私も混ぜてください。
1108121390.jpg
こんな美人落ちてないかなぁ。落ちているわけねーよな。

■以下記事
■ダイムラー社長 トヨタの「レクサス」、脅威にはならず 
■ハイブリッド車、しかるべき時期に出していきたい=津田・スズキ社長
■ダイムラークライスラーとGM、ハイブリッド車の共同開発で最終合意
■スミダのスイス企業敵対的買収に「白馬の騎士」
■パワステ開発を新会社に集約 豊田工機と光洋精工
■タチエス、英国に自動車用シート製造・販売の合弁設立
■ニチリン、タイ工場を増強しホース口金加工も内製に
■市光工業、トヨタの北米生産車向けヘッドランプを初受注
■ダイハツ工業の発行体格付けを「A」から「A+」に引き上げ=R&I
■BMW、デザインスタジオ設立[車輌]
■インド 乗用車販売が減速 主因は洪水、値上げも影響
■【インドネシア】ルピア安で産業界に打撃、製品値上げへ

◆全文を読む・・

記事~総合編 記事 2005年08月23日[23:12]

いやー多忙なBLでございます。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

休日後の閲覧する方々や今日から仕事の方々お互い頑張りましょう。
そんな経済と芸術?(エロ??)を同時に閲覧できる場を提供していく所存でございます。

今回は私が好きなモデルshihoさんでございます。
綺麗ですな~。心が洗われる思いでございます。

まあ、一時はブサイクな嫁や恋人を置いといてしばしの夢を。
こんな事書いてバレたら俺も彼女にシバかれますが・・。


shiho0004.jpg
しかし足ナげーなぁ。

■以下記事

■GMとGMACをジャンク級に格下げ、見通しはネガティブ=ムーディーズ
■BMW販売店を家宅捜索=不正登録で大阪府警
■WSJ-UAWのシューメーカー副委員長、GMの経費節減で譲歩を示唆
■マツダ、インドのトラック事業から事実上撤退
■日系各社、インド事業テコ入れ-人気の小型車に照準
■三菱自、タイ工場増強・ピックアップトラック年20万台に
■日系各社、インド事業テコ入れ-人気の小型車に照準
■起亜自動車がモスクワでの販売増狙い、新モデル2車種投入
■自動車メーカーとの共同開発強化=千葉に専用研究棟を開設―JFE
■<ライブドア>ネット活用の中古車オークションに進出
■米GM、社員割引の一般消費者への適用制度を延長
■レクサス最上級車、1000万円超 トヨタ「ロング」型を新設
■現代自動車(韓国)、労組が来週も時限ストライキを継続へ
■トヨタ、仏北部工場で小型車増産へ=新聞
■米ジョンソン・コントロールズ、ヨーク・インターナショナル買収
■トヨタ:レクサス、30日から日本発売 警戒感隠せぬ競合他社 /岩手

◆全文を読む・・

記事~総合編 記事 2005年08月22日[22:54]

暑い日が続きますなぁ。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

最近更新が遅れ気味ですがコツコツやっとります。
おねーちゃんシリーズも夏限定で行っていきますが続投希望が後を絶ちません。
そんなに俺の記事よりねーちゃんの方が良いのかとツッコミを入れたくなりますが
今回も目の保養がてらご覧下さい。

出来る限りエロ過ぎる内容はイヤなので芸術的な作品に絞って選球する次第でございます。

7d3ccf51.jpg

しかし・・・イイ女だなぁ。

■以下記事

■HONGFUDAはOK 中国、ホンダ類似商標認可
■WSJ-クライスラーによるVWブランドのミニバン生産で交渉
■中国:日本人武部正幸氏、特許権侵害でトヨタ自動車提訴
■「社会的責任」に消極姿勢 日本企業、英誌調査で
■日野自といすゞ、大型観光バスを全面改良-部門統合後で初
■人材紹介市場、ITや金融などで中途採用が急増
■大手金融:露への進出加速 背景に日本企業の投資本格化
■低公害車減税見直し論 来年3月期限 自治体税収減 業界は延長要望
■【中国】7月末までの自動車生産・販売台数が300万台突破


◆全文を読む・・

記事~総合編 記事 2005年08月21日[19:23]
現場の最前線で精勤されているビジネスマンの御歴々今日もお疲れさまです。

私自身も最近は多忙でしてなかなか更新する間がありませんがコツコツやっていこうかと思っております。

国利国益の為に肩肘張って頂いているユーザーの方々のおかげで今の国家が成り立っているといえるのでは無いでしょうか。

今回も目の保養をお楽しみ下さい。

11111.jpg
そんな一服の清涼剤に成れればよいと考えておる次第でございます。


■以下記事
■環境技術 目立つ個性化 ハイブリッド車
■GM、中国の自動車メーカー江鈴汽車の提訴を検討(8/22)※
■トヨタ、東京や愛知のレクサス店で内覧会・新型車披露
■ETC登録、800万件突破…割引制度などが効果
■トヨタ、08年米国販売250万台へ・昨年比21%増
■【中国】中央企業再編計画で第一汽車と南京汽車が合併か
■タイで25日に新型車発表へ 三菱自、再建けん引を期待
■【フィリピン】いすゞ現法、エンジン販売事業を開始
■いすゞと日野、ディーゼルエンジンの外部供給を拡大
■【インドCLIP】タタ・モーターズ、英INCATを買収 海外事業強化の一環
■マルチ・スズキが2年連続首位=インドの自動車販売満足度―米調査会社
■出光テクノファイン、合成皮革の技術ライセンス供与-世界4極体制
■中関村:マイカー保有者28%、人気はシャレード
■長安グループ、30億元投じてハイブリッド技術推進
■【中国】7月乗用車生産台数55%増、生産過剰で在庫増加

◆全文を読む・・

記事~総合編 記事 2005年08月20日[18:54]
各社次世代車できまっせ。な~んて言っているみたいで大変おもしろくなってきて
機嫌が良いBLですが皆様如何お過ごしでしょうか。

暑い中、皆様おつかれさまです。
今回も美女でも閲覧してもらい目の保養を。


4c030f2d.jpg
仕事で海にいけなかった人もリラックスして下さい。
さあ、がきの使いのDVDでも観るか。


■以下記事
■富士重、軽の電気自動車を公開
■富士重工、開発中のハイブリッド車搭載システム「ターボパラレルハイブリッド」などの技術を公開
■家庭で充電できる電気自動車、2008年発売へ
■独監督庁、ダイムラー株のインサイダー疑惑で調査
■ダイムラー次期社長、メルセデス乗用車部門の責任者に
■米国での7月のインセンティブ総額は53億ドル、Edmunds.comのレポートから
■7月の米新車販売、ビッグスリーが大幅増
■日産、新SCMを稼働-契約から納車までを短縮
■旭硝子の自動車ガラスメーカーが中国メーカー買収、生産能力拡大
■堀場製作所、独社の自動車関連計測機器事業を買収
■ニッパツ1Q~計画通り推移、HDD用サス堅調
■中国:自動車の次は駐車場ビジネス、駐車場不足が深刻


◆全文を読む・・

記事~総合編 記事 2005年08月19日[17:47]
なんかバタバタしております。
熱い中企業で精勤させている方々お疲れ様です。

先日ネットで生計を立てている知人と会いましたが、これが結構ズレている。
どうズレているかと言えば考え方自体である。

いくらサラリーを貰っている人間よりも沢山稼いで時間が有り余っているみたいであるが、「毎日が休日なんだ。」と、その自己中(陶酔)ぶりは「ああ、もうコイツ世間には戻れないなぁ。」と切なくなる次第のBLです。

こうゆう国利国益を重視しない人間はほっておきましょう。
ついでに、美しい人でも見てお楽しみを。目の保養をしてもらい粛々と業務に勤しんでください。


0728_10.jpg
ほんまええ女やな。
国益を左右する最前線の優秀なビジネスマンの奮闘の記事をご覧あれ。

■以下記事
■日産、中国で「NISSAN」商標認定・早急に法的対応も
■マツダ、水素ロータリーのミニバン開発へ 車種拡大で事業加速
■WSJ-グッドイヤー、株価は「もう」か「まだ」か?
■GM、北米の販売店舗数を半減・5系列に絞り込み
■クライスラーに変速機供給=日産子会社のジヤトコ
■独BMWがインド進出 25億円投じ南東部に組立工場
■ホンダやトヨタグループ、インドネシアで小型車増産
■レクサス包囲、輸入車も攻勢 右ハンドル仕様/販売店改装相次ぐ
■パイオラックス、トヨタ向け納入拡大―07年度86%増へ
■メタルアート、トヨタの発注増で大型設備投資―3年で50億円
■【中国】長安汽車:上海VWに追随か、最大で3000元値下げ



◆全文を読む・・

記事~総合編 記事 2005年08月18日[17:12]
いやー多忙多忙。
しんど過ぎてブログの存在すら忘れていた。
熱さがまだまだ続きますが、皆さん頑張りましょう。

美人な画像でも掲載しておくのでブサイクな嫁や愛人(失礼)をしばし忘れ目の保養をしてください。


0718_07.jpg
しかし良い女だな。

■以下記事
■ミニ「ロールスロイス」を計画=BMW
■中国自動車貿易、海外投資者の参入を認可 商務部
■自動車税4年で940億減 減税対象の低公害車普及で
■車ブランド満足度、トヨタ首位・米ミシガン大調査
■白金代替材料の開発カギ 燃料電池車普及へ課題 政策投資銀リポート
■トヨタグループ3社、期間従業員数が拡大―トヨタの好調受け
■ブリヂストン、回収費分担で米フォードと取引再開のメド立たず
■スズキ、北米での乗用車販売2.5倍に・07年
■マツダ、開発要員15%増-中途採用や再雇用も拡大
■オートバックスの1Q、カ-用品好調で経常75%増


◆全文を読む・・

記事~総合編 記事 2005年08月17日[12:57]

■全米で38万人の雇用創出 トヨタ、経済貢献を強調
■トヨタ、南アで生産能力倍増・欧州に国際戦略車を輸出へ
■ウォールストリート・ジャーナル紙ヘッドライン(12日付)
■日産自、中国本部となる新子会社を設立へ
■NEC九州、車載IC生産を強化・先端製品を量産
■超硬工具メーカー、相次ぎ設備増強・自動車向け活況
■【中国】1-6月国産自動車メーカー上位10社、シェア8割強
■米小売売上高は1・8%増 7月、自動車の大幅増で
■【フィリピン】7月新車販売0.6%増、伸びにブレーキ
■【中国】神龍汽車:シェア第8位、販売台数2万台アップ狙う
■運転手不足の英バス会社 ポーランド人を採用

◆全文を読む・・

記事~最近あきれた案件 記事 2005年08月16日[18:16]

■高齢運転、家族は「危険」 本人「免許返納考えぬ」8割
asahi.com 2005年08月10日10時35分

>また交通違反の取り締まりで警察に悪い印象を持っているとした
>回答者が31%おり、その多くが「自分だけ摘発された」
>などといった不公平感を訴えている。


あんたら逝っていいよ。

 警察庁は10日、05年版の警察白書を公表した。「世界一安全な道路交通を目指して」と題した特集では高齢運転者について行った意識調査を紹介。ほとんどの家族が高齢運転を危険だと感じているものの、高齢運転者本人の85%は「免許返納は考えていない」と答えており、本人と周囲の意識のずれが明確になっている。

 政府は10年間で交通事故死者を5000人以下にするという目標を03年に掲げている。警察白書が交通を中心に特集を組んだのは約30年ぶり。

 意識調査は今年2月、全国の免許保有者3382人を対象に行った。

 このうち70歳以上の高齢運転者を家族に持つ50歳未満の人に聞いたところ、18%が運転をやめてほしいと答えた。「移動手段がないのでやむを得ない」などを含めると、家族の高齢運転について危険性を認識している人が95%に上った。

 高齢者については免許証の有効期間を短縮する必要があるかと尋ねた問いには、72%が「ある」と答えたのに対し、高齢者自身で「ある」としたのは50%にとどまった。

 免許証を「返納しない」と答えた高齢者に理由を聞くと、「運転能力は低下していない」「交通機関がなく、不便」などが多かった。

 交通事故の抑止策(複数回答)を調査対象者全員に聞いた問いでは「悪質違反者の検挙」(89%)、「道路の整備」(72%)、「信号など施設の整備」(71%)の順で答えが多かった。

 また交通違反の取り締まりで警察に悪い印象を持っているとした回答者が31%おり、その多くが「自分だけ摘発された」などといった不公平感を訴えている。

 昨年1年間の交通事故死者は7358人。70年の1万6765人をピークに減少しており、昨年も前年より344人減った。だが、負傷者は118万3120人、発生件数は95万2191件と、前年よりそれぞれ1689人、4198件増え、併せて高齢者の事故の割合が高まっている。



■米フォード、北米の営業・販売部門を統合・人員削減へ   以下日経
>各ブランド傘下の営業・販売部門を一本化、同じ営業・販売担当者が
>両ブランドを扱う体制にする。


この後におよんでまだ手をつけてなかったんかい!

 【ニューヨーク=田中昭彦】米フォード・モーターは9日、主要ブランドの北米での営業・販売部門を9月初旬に統合すると発表した。米メディアによると、フォードは統合に伴い同部門の15―25%にあたる人員の削減に踏み切る。

 同社は現在、大衆ブランド「フォード」と高級ブランド「リンカーン/マーキュリー」の各ブランドの下に営業・販売部門を抱える。ブランドはそのまま維持するが、各ブランド傘下の営業・販売部門を一本化、同じ営業・販売担当者が両ブランドを扱う体制にする。

 9月末をめどにディーラーを支援する販売センターを34から11に、顧客サービス拠点を17から11にそれぞれ再編する。人員削減も同時に進めるとみられ、営業・販売部門の15―25%にあたる525―875人が削減対象になるもよう。

 フォードは10月1日までに北米のホワイトカラー社員2700人を削減する計画を発表しており、今回のリストラもその一環。 (11:00)



■「輝き5年」の広告OK 大阪の会社が逆転勝訴
(共同通信) - 8月10日12時25分更新
>『輝きが5年間保持される』との表示が虚偽とまで言えない」とした。


てか、その前に都合に応じてワックスがけするんで。
どっちでも良いんですけど・・てか安くしろよ。


 自動車用コーティング剤販売会社、中央自動車工業(大阪)が「5年間完全ノーワックス」などと虚偽の広告をしたため自社製品の販売が減少したとして、ワックス製造会社ウイルソン(東京)が1億1000万円の損害賠償などを求めた訴訟の控訴審判決で、知的財産(知財)高裁は10日、表示禁止と1000万円の支払いを命じた1審東京地裁判決を取り消し原告の請求を棄却した。

 ウイルソン側は最高裁に上告する方針。

 判決理由で佐藤久夫裁判長は「中央自動車工業側の実験ではコーティング剤を使用した車は5年以上経過しても93-96%の高い光沢度を示した。『輝きが5年間保持される』との表示が虚偽とまで言えない」とした。



■「ホテルの盗撮ビデオ買え」 京都府南部中心に被害相談急増
(京都新聞) - 8月11日15時11分更新
>業者は取材に対し「映像を購入した撮影者と連絡が取れない」
>とする一方、「放映許可を得たうえでの映像と聞いている」
>と説明した。


事を荒立てるとまずい業界にだけにこのコメントはまずいかと。
ホンマだったとしてもねぇ。


 ホテルの利用者に対し、盗撮した映像をビデオにして販売すると偽り、買い戻しの代金を要求する詐欺、恐喝事件が7月以降、京都府南部を中心に急増し、京都府警に多数の相談が寄せられている。府警は具体的な被害を把握していないが、新手の事件として、注意を呼びかけている。

 ■府警 注意呼び掛け

 相談によると、犯行の手口は共通している。東京のアダルトビデオ制作会社を名乗る業者が「ホテルで撮影されたあなたの映像を第三者から購入した」として、ビデオ化して販売したり、インターネットで公開したりする-という手紙を送りつけてくる。「販売中止を申し立てる場合」は業者が映像を購入した約90万円を振り込むよう求めている。

 撮影日やホテル名、使用した乗用車のナンバーと車種も記されており、府警は実際に確認したナンバーから利用者を割り出しているとみている。

 業者は取材に対し「映像を購入した撮影者と連絡が取れない」とする一方、「放映許可を得たうえでの映像と聞いている」と説明した。
 府警にはこれまで、伏見署や亀岡署などに約50件の相談が寄せられている。府警は「泣き寝入りしている例も多いのではないか」と推測。被害に遭わないため「相手にしないこと」と話している。



■ダイムラークライスラー、VW移籍の元役員に復帰説
[8月10日/日本経済新聞 夕刊]
 
一連の騒動で首脳陣の中で一番とばッチリを受けたヴォルフガング・ベルンハルト氏。
 まあ、器自体が両社とも苦境とも思われ。ご健闘お祈りいたします。
 

 自動車大手ダイムラークライスラーで、主力のメルセデス乗用車部門の統括責任者に、フォルクスワーゲン(VW)のヴォルフガング・ベルンハルト取締役(44)の起用案が浮上している。同氏は年末退任が決まったユルゲン・シュレンプ社長(60)に反発、ライバルのVWに移籍したばかり。北米クライスラー部門で見せた経営手腕で復帰待望論が高まっている。

 ベルンハルト氏起用は11日発売の独誌「シュテルン」が報じた。同氏はクライスラーの最高執行責任者(COO)としてディーター・ツェッチェ次期社長(52)と組んでリストラを主導。昨年にメルセデス責任者に内定したが、シュレンプ社長の三菱自動車支援を批判し、退任した。
(フランクフルト=後藤未知夫)


■輸入車各社、中古車事業を拡充・トヨタの「レクサス」に対抗 以下日経
 
まあレクサスが良い意味で胡坐をかいていた中古車市場を活性化してくれるとはたまには良いことするじゃない。

 輸入車各社が高級車戦略を強めるトヨタ自動車に対抗、中古車事業を拡充し、顧客の囲い込みを急ぐ。ヤナセは大規模中古車展示場を倍増、年間小売台数を3倍に増やす。独フォルクスワーゲン(VW)日本法人も認定中古車の店舗増設と品質向上を目指す。高級輸入車を下取りし自社「レクサス」への買い替えを促すトヨタの動きを阻み、顧客の流出防止と収益拡大を狙う。

 国内の中古輸入車の年間小売台数は20万台強とされ、新車市場の約27万台に迫る規模。輸入車各社は新車販売に力点を置き、中古車事業には消極的だったが、この姿勢を転換する。 (07:00)


■【中国】上海VW値下げ宣言で南北VW統合構想、総崩れか
(サーチナ・中国情報局) - 8月10日15時52分更新
 
まさに泥試合。
 うんこまみれになりながら共食いの様相を呈してきているし、最近ブリリアントチャイナも正直微妙な状況になっているし、同じ売上増になりましたよと報道させられても内実は前回と全然違ってきてますな。今後ますます目が放せません。


 上海フォルクスワーゲン(VW)が、全車種の値下げを発表したことにより、一汽VWの経営陣は9日、北京市で緊急会議を開き、値下げを敢行しないことを宣言。同社は、中国の自動車業界で大きな話題を呼んでいた上海VW(南)と一汽VW(北)による南北VW統合構想についても、「すでにペンディング状態だ」としており、構想が総崩れになる可能性が高まっている。10日付で京華時報が伝えた。

 一汽VW販売公司の華明輝・副総経理は、「上海VWが値下げをすると聞いて、とても驚いた」とコメント。「以前は値下げをする時に連絡があったが、今回は何の知らせも受けていない」と説明した上で、「一汽VWは価格システム調整は行わない」「上海VWと一汽VWは、完全に独立した二つの会社だ」と主張した。

 2004年6月16日、上海VWが値下げを発表した時には、その数時間後に、一汽VWが足並みをそろえるように値下げを発表。南北VWが販売面で同じ方針を打ち出したのは初めてのことだったため、業界では独VWが南北VWの販売ネットワークを統合するのではないかとの憶測が浮かびあがっていた。(編集担当:田村まどか)


■英蘭シェル、30─50億ドル相当の自社株買いを開始
(ロイター) - 8月10日20時40分更新
 
まあ一段落したこの状況なら自分でもするであろうなぁ。

[アムステルダム 10日 ロイター] 英蘭メジャーのロイヤル・ダッチ・シェルは10日、かねてより計画していた30─50億ドル相当の自社株買いを開始した。オランダの新聞に掲載した公告で明らかにした。

 同社は公告で、「2005年上半期に大量の現金収入を得たことで、買い戻し額は、従来予定の30─50億ドルの上限になる見通し」と表明した。

 これに先立ちアナリストらは、シェルが今年末までに45億ドル相当の自社株を買い戻すだろうと予想していた。

 シェルは、ロンドンに上場している自社株よりも、アムステルダムに上場している自社株をより多く買い戻す方針をあらためて表明した。

 シェルは以前から、元親会社のロイヤル・ダッチ・ペトロリアム(オランダ)とシェル・トランスポート・アンド・トレーディング(イギリス)の合併が完了した時点で、自社株買いを開始する方針を明らかにしていた。


banner.png

↑投稿意欲ランキング



記事~気になる企業編 記事 2005年08月15日[15:50]
たのむで。ユーザーとしては孫氏には踏ん張ってもらいたい。
久しぶりに写真を見たが少ない頭髪をなびかせながら説明する孫氏。
動向を注目していきたい。


■ソフトバンクの第1四半期決算,孫氏が光ファイバ事業や携帯電話事業を語る
■記事情報元
http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20050810/107598/
Tech-on,浅川 直輝=日経エレクトロニクス


20050811160235.jpg
図1 ソフトバンク 代表取締役社長の孫正義氏

 ソフトバンクは,2005年度第1四半期(4月~7月)の連結決算を発表した。売上高は,日本テレコムの買収効果などで対前年度比75%増の2586億円,純損益は111億円の赤字で同67億円の改善である。ソフトバンク 代表取締役社長の孫正義氏は,2005年6月単月の営業損益が5億円の黒字に転じたことを挙げ「2005年度は数百億円の連結営業黒字が見込める」と,5年ぶりの黒字回復へ自信を見せた。自信の背景には,ADSL事業の営業利益が2004年度第4四半期で19億円,2005年度第1四半期で36億円と堅調に推移し「投資の刈り取り期に入った」(孫氏)と見込んでいることがある。

20050811161409.jpg
図2 2005年6月は,連結営業損益が単月で黒字に

 同社は,ADSLや携帯電話などの通信インフラ,各コンテンツへの課金を一手に担う課金プラットフォーム,そしてコンテンツ事業の3つを1社で担う垂直統合型ビジネスモデルを目指す。同社のビジネスに関する孫氏の一問一答は次の通り。


20050811161258.jpg
図3 携帯電話事業はまずデータ通信向けに東京で開始,
設備が整い次第音声サービスも手掛ける


——先に日本でサービスを開始したiTunesは,音楽コンテンツの価格決定権をiTunes側が持つのが特徴。ソフトバンクのコンテンツ配信事業のビジネスモデルはどうなるのか。

孫氏 「ケーブルテレビ事業者と同じく,パッケージ化したコンテンツの価格決定権は我々が持つ。だが,個別のコンテンツの価格決定権は原則としてコンテンツ提供者側が持つ。提供するコンテンツのうち,ソフトバンク・グループが提供するコンテンツは2割~3割が適当だろう。むしろ,他社のコンテンツを積極的に自社のインフラに流したい。もちろん,ソフトバンク・グループのコンテンツを他社のインフラに流すことも拒まない」

——携帯電話事業に割り当てられる帯域幅が5MHzでは,提供できるサービスが限られるのでは。

孫氏 「5MHzでは足りないのは間違いない。契約数が250万件を越えたらさらに5MHzを申請する。NTTドコモやKDDIなどもそうやって,契約数とともに帯域幅を増やしてきた。我々もそれに習う。1.7GHz以外の帯域の獲得も検討する」

——光ファイバ事業の契約数が2万6千件と少ないが,今後の光ファイバ事業の見通しは。

孫氏 「電柱や道路下に光ケーブルを敷く際の手続きがあまりに煩雑で,電力会社とNTT以外に参入しにくい構造になっている。少なくとも,ADSLと同程度にフェアな参入条件が整い,利益が出せる状況になるまでは,無理な投資はしない。HDTVサービスが光ファイバでないと受けられないというのはある種の錯覚。ADSLでもHDTVサービスを享受できるユーザーの数は多い。総務省は『上り30Mビット/秒の回線を普及させたい』としているが,個人がHDTV映像を越える帯域幅でデータを発信することはほとんどないだろう」


■関連記事
■ソフトバンク1Q「分岐点越え、急激に利益拡大へ」

ソフトバンク  <9984>  は10日、2006年3月期第1四半期(4月~6月)連結業績の概況を発表した。売上高は2586億円で前年同期比75.6%増となった。ソフトバンク・インベストメントのイーファイナンス事業が連結から外れたものの、日本テレコム買収で固定通信事業の売上が加わった。

本業のもうけを示す営業損益は31億円の赤字だった(前年同期は38億円の赤字)。ただ、インフラ事業で着実にユーザー数が伸び損益分岐点を越えたことから、6月には単月で営業損益が黒字化した。孫正義社長は会見で、「損益分岐点を越えたことで、ここから急激に利益が拡大していく。四半期ベースでは、この7-9月は確実に営業黒字となるだろう。通期では数百億円単位の営業黒字になるのではないか」などとしていた。

第1四半期の経常損益は130億円の赤字(前年同期は116億円の赤字)、最終損益は111億円の赤字(同178億円の赤字)だった。通期の最終損益黒字化の見通しについて質問された孫社長は、「はっきりしたことは現時点ではいえないが、強気にはなってきた」と話していた。(T.N)

[ラジオNIKKEI2005年08月10日]
(ラジオNIKKEI) - 8月10日20時41分更新


banner.png

↑投稿意欲ランキング



記事~総合編 記事 2005年08月12日[16:36]

■富士重、4―6月は最終赤字――北米子会社の不振続く
■伊フィアット、自動車部門に4年で96億ユーロ投資
■GM、商業用不動産部門の株6割を投資集団に売却
■米国トヨタの2005年販売は5─10%増に=COO
■福井ホンダ社長、北米市場で対抗値下げせず
■米値下げ競争に加わらず 燃料電池車、10年以内に
■トヨタの売上高は4兆9817億円 4~6月期としては過去最高
■【シンガポール】ヤマハ発、アジア売上高1.6倍に
■設備投資額、東海が初めて関西抜く 製造業の好調を反映 政策銀推計
■WSJ-ダイムラー、外国での贈賄疑惑で米司法省が刑事捜査
■マツダ、新車を効率開発・試作金型を不要に
■富士重、「軽」全車種を一部改良-今秋にも販売てこ入れ
■マツダ、バンパー生産を西川化成に集中-量産効果でコスト削減
■7月の米新車販売値引き総額、最高の53億7000万ドルに
■クライスラー、ようやく「混流生産」導入・今秋にも
■アイシン精機、愛知・半田工場を増強-2010年めどに能力1.5倍

◆全文を読む・・

 あり地獄だな。
 売れないならなぜ他社を巻き込まない。
 いまのままでは、売れているとは言えないし利益も一時的なものだ。

 ブランド戦略において今更カテゴリー別のユーザー分けは遅いし、てか既存ブランドの区分けで難局は乗り切れるとは思わないが。

 価格引き下げを何故するのか分らないが(分らないことにしておく。)販売奨励金まだ継続していく理由が分らない。今でさえかなり安価であると思うが。

 追従していくメーカーも可笑しいが商品力で勝負できるメーカーと価格でしか勝負できないメーカーの明暗が北米でも展開される形になっていくであろう。

 勝負できる出玉もないのに最初から秘儀を出すのはブランド維持の面から考えるとそうとう深刻である。

 それが気が付くのは大きく利益幅が減少された自社とブランド維持を堅持した他社のひらいた後に明白になるであろう。

 

■以下記事
シカゴ(ダウ・ジョーンズ)米ゼネラル・モーターズ(NYSE:GM)幹部は1日の電話会見で、2006年型車の新たな価格戦略を消費者に説明するために、積極的に広告を打っていく計画であることを明らかにした。


◆全文を読む・・

記事~総合編 記事 2005年08月07日[22:09]
■<三菱自>元役員7人に賠償求め提訴 欠陥隠し問題で
■DJ-欧州株:続伸、アルカテルなどの好決算を受け
■いすゞ、営業利益25%増=タイ現地法人の連結化で―4―6月期
■上海汽車、独自ブランド車生産へ新会社
■【中国】奇瑞汽車:1-6月輸出台数3400台で業界の6割
■トヨタとGMの交渉難航 燃料電池車の合弁会社設立
■タイとのFTA、合意に至らず=中川経産相-1日再協議
■インド、ホンダ子会社の労使紛争が決着・州首相が仲介
■現代自グループの世界販売、プジョー抜く
■自動車各社、タイで技術者養成 10年で1万人計画
■独VWの4―6月期、営業益74%増
■ホンダ、来春中国投入の「シビック」年販7万台に-米に次ぐ規模
■ダイムラーとの提携、継続したい=三菱自の益子社長
■高級車の海外展開加速へ、イメージ向上など波及効果
■ヤマハ発動機、BRICsで二輪車拡充・ロシアに販社
■アイシン精機、2ケタの増収増益 4-6月期 車部品好調
■顧客満足、日産が中国で首位=自動車販売サービス―米調査会社
■<トヨタ>敵対的買収防衛、グループ企業が株式買い増し推進
■三菱自、4―9月の国内生産10%増へ・日産へOEM寄与
■三菱自の4-6月期、最終赤字216億円に縮小
■<FTA>「100点でないこと認める」 中川経産相
■いすゞ 運行管理システムを汎用型に転換、拡販
■トヨタ、手動変速機の国内生産をアイシンAIに移管へ
■米新車販売、過去最高 ビッグスリーが2けた増
■GM・フォード値下げも効果は疑問
■生産能力は20万台へ トヨタ、テキサス工場
■トヨタの1Q、営業利益は10%減
■エアバッグ装置製造の新会社を南アフリカに設立=豊田合成
■独BMWの4―6月期、原材料高で15.5%減益
■7月の米新車販売台数16.2%増・最高の180万台に
■【中国】下期も中級車がリード?300%増車種も
■WSJ-破たんしたコリンズ&アイクマンの前CEO、投資会社が詐欺で提訴


◆全文を読む・・

ふーん。
自分もこのくらい規模でファンド運用してみたいもんですな。


■以下記事【ゲンダイネット 7月31日 10時00分】
 日本マクドナルドホールディングス(ジャスダック)の発行済み株式の24.98%を、投資ファンドの「ロングリーチグループ」が取得した。推定約750億円のビッグな買収だ。同グループは2位の大株主に躍り出る。


◆全文を読む・・

 お国柄が良くわかりますな。
 こーいった行き違いは良くあることです。
 Win-Winの関係で上手くやって頂きたいもんです。


■インドのホンダ工場従業員めぐる騒ぎ、駐印日本大使が注意促す

 [グルガウン(インド) 26日 ロイター] インドの首都ニューデリー近郊のグルガウンにあるホンダ<7267.T>のオートバイ工場の従業員がからむ騒ぎが続いていることについて、榎泰邦・駐印日本大使は26日、このような出来事はインドに対する投資家のイメージを傷つけるものだとして注意を促した。


20050727-00000027-reu-int-view-000.jpg
7月26日、インドのホンダ工場従業員の騒乱で駐印日本大使が注意喚起。写真は暴徒化した群衆を追い払う警官(2005年 ロイター/Adnan Abidi)

◆全文を読む・・

記事~総合編 記事 2005年08月04日[23:44]
■ローン債権6兆円分を売却 社債格下げ受け米GM
■WSJ-GM、従業員割引の一般適用を8月1日で打ち切り
■ホンダ、業績への影響「ほとんどない」=インドでの労働争議で―副社長
■ホンダ、インド二輪車工場の労働争議で生産落ち込み
■インドのホンダ工場従業員めぐる騒ぎ、駐印日本大使が注意促す
■816万台に上方修正 トヨタ、05年世界販売
■上海汽車(中国)、自社ブランド車生産へ
■三菱自の6月国内生産、前年比3.3%増・14カ月ぶり増加
■トヨタグループ8社の4―6月期、6社が増収増益
■新光証がホンダを「1」に格上げ
■ヤマハ発の6月中間、海外の二輪が伸び最高益更新
■豊田織機、4―6月期最終益7.4%増=産業用車両が好調
■ヒラタ、海外拠点の金型の現調を8割に-3割コスト削減
■温暖化ガス排出権仲介が本格化・三井物産が米社と合弁
■DJ-欧州株:上昇、鉄鋼銘柄が高い
■【タイ】自動車生産、50万台突破

◆全文を読む・・

記事~総合編 記事 2005年08月03日[18:19]
■【中国】6月乗用車生産台数27.5%増、東風日産が好調
■曙ブレーキ、欧州自動車メーカー向けブレーキパッドで攻勢
■上海汽車、MGローバー買収をめぐり法廷闘争も検討
■高級車ブランド「アキュラ」、ホンダが中国に投入
■日産、新フーガでトヨタ追撃…国産高級車で最高馬力
■ホンダのインド子会社、従業員の復職求め警察と衝突
■仏PSA、上期は増収減益・三菱自との提携「心配ない」
■ホンダ、米で販売奨励金を再拡大-米勢の値下げ策に対抗
■6月の米新車販売15.9%増――割引でGM大幅増
■【タイ】投資認可額、上半期86%増に拡大
■【インドネシア】6月二輪車販売、前月比13.7%急増

◆全文を読む・・

 名門がチャイナパワーの手に落ちた瞬間。
 数年先ぐらいの脅威になるかも。



■以下記事

 【ロンドン22日共同】4月に経営破たんした英自動車メーカー、MGローバーの管財人は22日、同社とその関連のエンジンメーカーを中国の南京汽車に売却すると発表した。売却金額は明らかにしていないが、推定約5000万ポンド(約96億円)。

 買収を競り合っていた同じ中国の大手、上海汽車は敗れた。

 管財人によると、南京汽車はエンジン工場と車両生産施設の一部を中国に移管する意向。地元の英中部ロングブリッジにも工場を維持し、技術開発センターを新設する。英国での雇用規模は明らかにしていないが、英PA通信は約2000人と伝えている。

 欧米メディアによると、南京汽車は年産20万台のメーカー。これを機に海外事業を強化し、市場で力を持つ「MG」ブランドを同社の欧州戦略の軸に据えたい考えだ。

(共同通信) - 7月23日8時2分更新


banner.png

↑投稿意欲ランキング




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。