上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト スポンサー広告
世界一へ緻密な戦略 航空機開発さらに加速 記事 2005年10月07日[12:24]
事の成り行きをみましょうか。

■世界一へ緻密な戦略 航空機開発さらに加速
2005年10月 6日 (木) 03:16

http://news.goo.ne.jp/news/sankei/keizai/20051006/m20051006002.html


 トヨタ自動車と富士重工業の資本・業務提携には、経営不振にあえぐGM支援という意味合い以上に、富士重工の持つ高性能4WD技術や軽自動車技術、さらには航空機技術をグループに取り込もうという狙いがある。GMの経営危機をきっかけに、独り勝ち批判をかわしながら自動車世界一に王手をかけ、一方で航空機事業にまで経営基盤を広げるトヨタの、緻密(ちみつ)な経営戦略だ。

 「まるでタイタニック号のようだ」と例えられたGMの経営の悪化は深刻だ。巨額の従業員の医療費負担を抱えて、新規投資もままならず、そのブランド力の低迷は著しい。


 経営不振は、北米市場を大きな収益源とするトヨタにとって、歓迎できることではない。不満の矛先が日本車メーカーの雄であるトヨタに向かう可能性もあるからだ。


 今回の株式取得の目的についてトヨタは、「GM支援ではない」(木下光男トヨタ副社長)としているが、結果的に側面支援と同等の威力を発揮するのは間違いない。


 しかも、富士重工株の時価総額は四千二百二十七億円と数年前の半分程度。「買い時はベストタイミング」(市場関係者)で、買収に次ぐ買収で財務が疲弊したGMとは逆に、トヨタの提携によるメリットは大きい。


 その一つが「レガシィ」など根強いファンを持つ「スバル」ブランドと、「業界内でも評価が高い技術力」を持つ富士重工をパートナーに持つこと。GMも欲しがった富士重工の技術力が、トヨタの技術力を一段と厚みのあるものにする。


 さらに軽乗用車市場で6%のシェアを持つ富士重工と、トヨタの子会社であるダイハツ工業を技術、販売で結びつけて相乗効果を出せば、軽トップのスズキ自動車を引き離して、グループで軽自動車市場でも強力な力を持つことにもなる。


 一方、自動車分野以上に「将来に結びつく大きなメリット」(自動車アナリスト)と指摘されるのが航空機技術だ。


 「ゼロ戦」を製造した航空機メーカー、中島飛行機が前身の富士重工の最大の強みは、現在も米ボーイング向けの機体製造技術や、航空自衛隊向け戦闘機の開発に生きている最先端の航空機技術。


 米国ではここ数年、小型航空機の需要が急速に拡大。その市場を狙って先行するホンダは、すでに自主開発の小型ジェット機の試験飛行にまでこぎつけている。トヨタも米社と協力して次世代航空機の開発に乗り出しているが、富士重工の技術力を生かすことで、より強力な開発体制を築くことができるのだ。


 トヨタにとって、自動車に次ぐ「ものづくり」の対象となるのが航空機とされる。新たな経営資源として、歴史も実績もある富士重工との協力関係は、トヨタの将来技術への有力な担保にもなるだけでなく、「日の丸航空機」開発を目指す日本の産業界にとっても強力な後押しになる。(比嘉一隆)


banner.png

↑投稿意欲ランキング



スポンサーサイト
最近気になるニュース 記事 2005年10月06日[09:31]
■トヨタ、富士重と資本業務提携・米GM保有株を取得

http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20051005AT3D0500G05102005.html

 トヨタ自動車と富士重工業は5日、資本・業務提携することで合意した。米ゼネラル・モーターズ(GM)が保有する
富士重株約20%のうち半分をトヨタが取得。残る半分は富士重が買い取るものとみられる。同日午後6時半に都内で木下
光男トヨタ副社長と竹中恭二富士重社長が共同で記者会見し、提携内容を発表する。 (16:17)


■トヨタ、米GM保有の富士重株10%取得へ・筆頭株主に

http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20051005NTE2INK0405102005.html


 トヨタ自動車は5日、米ゼネラル・モーターズ(GM)が保有する富士重工業株を取得する方針を固めた。GMは富士重
株20%を保有するが、そのうち10%を引き受ける。これでトヨタは富士重の筆頭株主となる。

 トヨタと富士重は同日午後6時30分から東京都内のホテルで記者会見を開く。 (16:02)



■富士重、次世代型電気自動車を09年メド商品化


http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20050811AT1D0902G10082005.html

 富士重工業は高性能のリチウムイオン電池を搭載した次世代型の電気自動車を開発した。軽乗用車ベースで走行コスト
をガソリン車の8分の一にまで抑えることができる。年内にも公道で実用試験を開始、2009年をメドに商品化する。富士重
はエンジンとモーターを併用するハイブリッド車や燃料電池車の開発で後れをとっているが電気自動車で巻き返しを図る。

 富士重が開発したのは軽乗用車「R1」に、NECとの共同出資会社「NECラミリオンエナジー」で開発した高性能
リチウムイオン電池と駆動用モーターを搭載した電気自動車。ガソリンを使わないため二酸化炭素排出量はガソリン車の
半分以下となる。走行コストも低価格の夜間電力を使えばガソリン車の8分の1、ハイブリッド車の5分の1で済むという。
(07:01)



■S&P、GMとフォード「格付けを引き下げ方向で検討」

http://car.nikkei.co.jp/news/main/index.cfm?i=2005100403129c0

 【ニューヨーク=田中昭彦】米格付け大手スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は3日、ゼネラル・モーターズ
(GM)とフォード・モーターの長期および短期格付けを引き下げ方向(ネガティブ)で検討すると発表した。9月の新車
販売が前年同月に比べ20%以上減少したため。



■ GMは24%減・フォードも20%減・9月の米新車販売


http://car.nikkei.co.jp/news/main/index.cfm?i=2005100402553c0


 【ニューヨーク=田中昭彦】9月の米新車販売台数は、前年同月比7.6%減の132万7211台だった。値引き販売効果が一巡
したうえ、ガソリン価格高騰で燃費の悪い大型車の販売が不振でゼネラル・モーターズ(GM)とフォード・モーターの販売
が同20%以上落ち込んだ。小型車に強い日本車3社の販売は好調で、販売台数は9月単月としては過去最高だった。

 GMの9月の販売台数は同24%減、フォード・モーターは同20%減だった。トヨタ自動車の販売台数は、8月に続いてダイム
ラークライスラーのクライスラー部門を抜き3位になった。

 GMは8月(13%減)に続き2ケタの減少だった。大型スポーツ・ユーティリティー・ビークル(SUV)が同30%減と落ち
込んだ。6月から始めた従業員価格の一般適用キャンペーンで6、7月の販売は前年同期比で2ケタ増となったが、8月以降は反動
が出た。


[10月4日]


banner.png

↑投稿意欲ランキング



デイトレされてるんじゃないの。(笑)

【9月21日 11:47 テクノバーン】三菱自動車工業 <7211> が寄り付きにかけて一時、前日比18円高(7.53%)の257円まで上昇した後、一転、今度は前日比17円安(7.11%)の222円まで下落するなど乱高下する展開となった。

前場終値は前日比変らずの239円。

株価は年初来、8月後半までは140円を挟んだ水準で推移していたが、ここにきて同社に対する評価を見直す向きが強まった結果、株価はこの1ヶ月余りで70%近くも急騰。特に前日20日の東京市場では三菱自動車工業を始めとする三菱グループ関連株が軒並み大幅高の展開となったことを受けて投資家の間で高値警戒感が強まったことが今日の乱高下につながったようだ。
(テクノバーン) - 9月22日11時38分更新


banner.png

↑投稿意欲ランキング



俺もやってみてーなぁ。

 ニューヨーク(ウォール・ストリート・ジャーナル)米著名投資家ウィルバー・ロス氏は、経営不振の複数の自動車部品メーカーを買い取って新会社を設立するための資金を最大45億ドル用意していると明らかにした。フォード・モーター(NYSE:F)が引き取ることで合意した部品大手ビステオン(NYSE:VC)の一部工場も含まれる可能性がある。同氏は数年前、低迷していた鉄鋼会社5社を統合して売却し、多額の利益を得た。
 
ロス氏の投資グループと、提携しているその他の投資グループは、5月に連邦破産法11条の適用を申請し経営再建中の自動車部品大手コリンズ・アンド・アイクマンの銀行債務の半分をすでに買い取ったほか、欧州とアジアの自動車部品メーカーの株式を取得した。さらに、ビステオンがかつての親会社であるフォードに移管する予定の23施設にも関心を寄せている。
 
同氏はインタビューで「われわれの目的は、非常に多様で大規模かつ国際的な企業を設立することであり、フォードに移管する予定のビステオンの一部工場も含まれる可能性がある。私は、フォードはまだ移管手続きを完了していないと理解している」と語った。
 
ビステオンとフォードは先週、フォードが17工場(年間売上高は合計70億ドル強)、事務所6カ所、研究センターなど、米国とメキシコにある施設を10月1日までに引き取ることで合意したと発表した。フォードはこのために年内に4億5000万-6億5000万ドル、さらに3億-5億ドルを支出する予定で、その後は投資家に売却する意向だとしている。
 
フォードの広報担当者は、「ビステオン工場についての当社とロス氏との交渉については知らない」と述べ、それ以上のコメントを避けた。
 
ロス氏は、「自動車部品業界に関心があるのは、あまりにも多くの企業に分かれており、それぞれが1社の自動車メーカーに依存しすぎているためだ。既存の部品メーカーはグローバルではないか、グローバル化が十分ではない。事業を展開すべき地域である東欧やアジアに進出していないからだ」としている。
 
同氏の投資グループは「自動車部品セクターは今後2年間、投資妙味がある」と評価しているという。同氏は経営難に陥っている米自動車部品最大手のデルファイ(NYSE:DPH)にも注目しており、かつての親会社であるゼネラル・モーターズ(NYSE:GM)、全米自動車労組(UAW)との交渉の成り行きを見守っている。同氏がデルファイにも関心を寄せていることは、16日付のデトロイト・フリー・プレスが報じた。
 
デルファイのロバート・ミラー最高経営責任者(CEO)は、ロス氏のインターナショナル・スチールが2年前にベスレヘム・スチールを買収した時のベスレヘムのトップだった。ミラー氏は、GMとUAWから大幅な譲歩を引き出せなければデルファイは10月17日までに連邦破産法の適用を申請すると予告している。
 
ロス氏は、「デルファイへの投資についてミラー氏とはまだ交渉していない。デルファイは最終的に、われわれの投資グループのような第三者からの出資が必要になるのではないかと思う」と述べた。

(ダウ・ジョーンズ) - 9月20日11時32分更新


banner.png

↑投稿意欲ランキング



てか、自業自得じゃねーのか。


以下日経

 「北米の自動車業界は今後18カ月―24カ月間はいばらの道になりそうだ」。米フォード・モーターのジム・パディラ社長は20日、デトロイトで講演し、北米市場の競争激化や医療費負担の増加、原材料費の高騰がフォードにとって逆風になると悲観的な見通しを示した。

 フォードは4―6月期に主力の北米の新車販売が不振で、自動車事業が赤字に転落。北米自動車事業が黒字転換する時期について、パディラ社長は「先行き不透明」を理由に見通しを明らかにしなかった。

 パディラ社長は2002年に立てた経営再建計画について「計画自体は間違っていなかったが、市場での価格競争がここまで激化するとは予想できなかった」と弁明。02年に立てた計画では3万5000人を削減する方針だったが、経営環境の悪化で、同社は追加人員削減なども含むリストラ策を近く発表する予定だ。(ニューヨーク=田中昭彦) (23:34)


banner.png

↑投稿意欲ランキング



泥沼の予感。(笑)

 [アムステルダム 19日 ロイター] 英・オランダ系自動車技術会社アントノブは19日、特許侵害でトヨタ自動車<7203.T>をドイツで提訴する、と発表した。トヨタとの和解交渉が不調に終わったためという。

 アントノブは、動力伝達装置の設計をトヨタが「プリウス」や「レクサス RX400h」のハイブリッド版に違法にコピーしたとしてデュッセルドルフの特許裁判所に提訴、トヨタに損害賠償の支払いを求める。

 22日に公判が開かれる。アントノブのジョン・ムーア最高経営責任者(CEO)は、来夏初めまでに判決が出ることを期待している。

 トヨタもミュンヘンの特許裁判所に逆提訴するという。

 ドイツの訴訟法は、一定の条件のもとで欧州連合(EU)全域に適用され得る。ムーアCEOによると、同社の特許は、日本でも登録済み。

 トヨタから出された最初の和解案は、アントノブが拒否した。ただ、係争中も協議を継続したい、との考えをムーアCEOは示している。

 現時点で、トヨタ側のコメントは得られていない。

 ※記事中の企業の関連情報は、各コードをダブルクリックしてご覧ください。

 ※原文参照番号[nL19352496](3000Xtraをご利用の場合、配信後24時間以上経過した記事でも380日以内であれば[ID:nL19352496]でご覧になれます。なお、契約の内容によっては、原文がご覧いただけない場合もあります)

(ロイター) - 9月20日8時53分更新


banner.png

↑投稿意欲ランキング



大変やのぉ。

以下日経

 【ブリュッセル=下田敏】欧州司法裁判所は15日、欧州委員会に対して独ダイムラークライスラーに科した約7200万ユーロ(約97億円)の制裁金を大幅減額するよう命じた。欧州委は同社が販売店の値引きを妨げたとしたが、欧州司法裁は違法行為は一部の地域に限られるとし、制裁金を980万ユーロ(約13億円)に引き下げた。欧州委は2カ月以内に上告するかどうかを決める。


[9月16日]



banner.png

↑投稿意欲ランキング



買収してしまった以上投資効果は上げないとな。

以下日経

 【フランクフルト=後藤未知夫】ダイムラークライスラーのディーター・ツェッチェ取締役(52)は13日、今年7月の社長人事の内定後初めて、日本経済新聞社などと会見した。「高品質の製品の開発・販売とコスト低減でブランドの価値を高める」と話し、統括責任者を務めるメルセデス乗用車部門の再生に注力する考えを強調。三菱自動車との提携は「継続する」と語った。

 ツェッチェ氏は「(年末に退任する)ユルゲン・シュレンプ社長は、自動車事業に集中するダイムラーの基盤を築き、今春には短期的なメルセデス乗用車の再生策を決めている」と指摘。同部門の不振の主因となっている小型車「スマート」では、人員削減などのリストラで2007年に黒字転換する従来計画を尊重する考えを示した。 (16:10)


banner.png

↑投稿意欲ランキング




今の内に買い上げれば。
製品は保証しませんが(笑)


 三菱重工業 <7011> が7円高の351円まで買われ新値追いとなるなど、連日の人気化。市場には、「三菱自動車 <7211> の上昇で連想買いが流入している」「米国での原発事業への期待が蒸し返されている」などの観測が出ている。特に、ここ出来高を伴い株価は急伸していることに対しては、「野村証券の海外キャラバン隊が熱心に菱重工を勧めているようだ」(情報担当者)との見方が強まっている。日本の製造業の代表銘柄であり商いもこなせる菱重工は、日本株に注目する外国人にとって絶好の投資対象となっている様子だ。

2005年 9月15日(木) 17時42分 [ 株式新聞ダイジェスト ]
提供:株式新聞社


banner.png

↑投稿意欲ランキング




5年か微妙やな。
生産設備稼働率の向上とブランド認識と位置付けがポイントかな。
かといって3と5の投入かぁ。いっそのこと1シリーズを3シリーズの値段で投入すればと言ってみるテスト。


 【フランクフルト=後藤未知夫】独自動車大手BMWのヘルムート・パンケ社長は14日、日本経済新聞記者にインドで主力の2車種を生産する計画を明らかにした。「今年秋に最終認可を取得できれば2006年から『3シリーズ』と『5シリーズ』を組み立てる」と語った。インドでは日本などアジア勢が先行しているが、「年1000台程度から段階的に生産を拡大する」と述べた。

 米ゼネラル・モーターズ(GM)、ダイムラークライスラーの2社とのハイブリッド車技術での提携は「開発の迅速化やコスト低減のメリットがある」と説明。BMWのハイブリッド車は5年以内に実用化する。独自開発の水素エンジン車は「08年にも『7シリーズ』で実用化する」と語った。


[9月15日/日本経済新聞 夕刊]


banner.png

↑投稿意欲ランキング




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。